スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エアタンク DIN/Kバルブつき買いました。
念願の?エアタンクを買いました。
結構お値段のするものですし、購入までには時間がかかりました。
今までは、みゅうたはだんなさんにエアをいれてもらっていました。手動ポンプでは、手押しに乗りあがっても最後までエアを入れることができなかったからです(笑
だんなさんが汗だくで二人分いれているのでした。
ま、運動になるから手動でいいんじゃない?と思っていましたが

アクアラングタンク14リッター(200気圧)

bonbe1.jpg


クウキ♪
bonbe2.jpg


日本ではKバルブ(ヨークバルブ)が標準ですが、
ヨーロッパではDINバルブが標準なので西ドイツ製ARには変換バルブが必要となります。
このバルブが3万円弱して高いんです。
そこでインターネットで探したら、DIN/Kバルブつきのものがあったので購入しました。

ただエアチャージの時はKバルブでないとやってくれないので注意が必要です。
そこで今回は両方のバルブを簡単に交換できるタイプを
選択しました。六角レンチで簡単にできます。

下がKバルブ。

bonbe3.jpg


六角レンチではずすと・・・
bonbe4.jpg


DINバルブ。
bonbe5.jpg


でもって、エアライフルのDINバルブアダプタをつけます。
bonbe6.jpg


別の角度から・・

bonbe16.jpg


bonbe7.jpg


bonbe8.jpg


ライフルのボンベをとりつけました。

bonbe9.jpg


別の角度からとったもの集・・。
bonbe10.jpg


bonbe11.jpg



bonbe12.jpg


これがコックです。ひねると3秒で満タンになります♪

bonbe13.jpg


bonbe14.jpg


bonbe15.jpg



ただ、このエアタンクは200気圧なので、ライフルには180しか
入りませんが、今までの苦労を考えると夢のようです。

☆購入の際の注意&失敗など☆
購入のときは注意が必要です。
DINバルブつきを購入したのに、KバルブつきのタンクボンベとDIN/Kバルブの部品だけが送られてきました。
(店舗からではなく、工場から直送されたため、オーダーが通ってなかった)
そのため、自分で大きいレンチを買って交換しようとしましたが、みゅうたがタンクを抱きかかえてだんなさんがレンチを回してもみゅうたごとくるくる回ってしまいました(涙
結局店舗側のミスということで着払いで送り返し、取り付けなおしてもらいました。素人では交換できません。


エアチャージするときも店に事前にDINバルブでチャージできるか確認すみだったのに、いざもっていくと
「これじゃできないよ。日本じゃこれは使えない」
といわれて、あわてて往復2時間かけてKバルブアダプタを
取りに帰りました

ちなみに総費用は、本体が52,500円
空気充填 一回1500円
(余計な出費 レンチ¥2,500)

日本のスキューバダイビングショップの方は、
DINバルブに関してはまったくわからないといってもいいので、購入の際にはご注意ください。
 
今回のエントリ プロデュースbyだんなさんでした♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。